ランキング参加中

応援ボタン↓を押してもらえると
地雷率が下がります!きっと・・・

りおらぼを応援しちゃう

デルメゼ1のTAを終えて。

デルメゼ

こんにちは、バージョンアップまでもうすぐですね、ストーリーは楽しみにしているけど・・・最近、ドラクエに対してモチベーションが下がってきています、りおりんです。

まあ、デルメゼが楽しくないってのもあるんですけど、ドラクエ内で必死に金策してるのがちょっと馬鹿らしくなってきました・・・

何て言うの?

ゴールドよりリアルマネーの方が重要だろw

と、今更ながら思い始めているところです。

まあ、未だに売っていない「マイタウン権利書」に7万円を支払ったあたりから、ドラクエ熱が下がってきた感じが・・・

そうは言っても、ほらこれ。

あと4390円でダイヤモンドランクに昇格ですからね、残り5日のうちに何か買っておこうかな・・・

トップ画像は「デルメゼ1タイムアタックイベント」の時に、スタジオニコンさんだったかな、開催主がお借りしていまして、記念に写真を撮らせて頂きました。

今日はそのデルメゼTAイベについて少し書きたいなと思います。

前回、前年末に開催された「無限デルメゼ杯」の時は、メンバーをランダムであらかじめ開催主が決め、(その様子を生配信していました)、色んなルームの人が入り乱れて、まあ、知らない人と組んだりと言う醍醐味がありました。

その時に今お世話になっているルームの主さんと同じパーティになり、ご縁があってデルメゼ専用ルームに参加させて頂きました。

今回は7~8のルームが参加し、各ルームのベストタイムをたたき出した人が決勝に進める・・・そう言う内容でした。

私が所属しているルームは予選の時から、TAイベに参加する人はほとんどいなく、たまたま募集で4人組めた時に出した13分くらいの「まるでデルメゼ2のタイム?」ってくらい遅いタイムで予選通過をしてしまいました。

いや、その時の1戦しかタイムを申し出た人がいなかったんだと思います。

他のルームでは7分を切っているのに、倍の時間がかかっている私たちに勝ちめないでしょw

正直、日曜日の22時に決勝戦と言うのも、やる気がなくなる要素でした。

勝てないのが決まってるのに、終わるのはきっと0時近くになるのも予想出来てましたから。

仕事上、朝6時に起きないと間に合わないのでね・・・

ルム主さんによると、ルーム間でTAに対する熱量がかなり違ったとの事。

それと5分くらいで勝てますよと。

私、最近、1も野良で勝てない事が多くて、本当にデルメゼに対してやる気がなくてね。

このイベントも「何でルム代表なの、本当に困る。他のルムに太刀打ちできないでしょ」って気持ちで、戦う前から疲れていました・・・

イベントの前にルム主さんから「TAのコツを・・・」と言う事で少しデルメゼに一緒に行きましたが、「いやいや、こんな直前にそれを言うのw」って感じでw

今までの戦い方ではない戦法を使わないとTAでは勝てないと。

 

りおりん
りおりん

ってか、今そんな事教えられても、5分とかタイム出せないでしょ、持ちタイム13分だよ?

別に主さんに文句あるわけではないけれど、明らかに勝ち目ないのに、私にとって深夜に負け戦をするなんて・・・時間の無駄って感じたんですよね。

でも、最終的にルム代表メンバー発表の日誌に私たちの名前が入っていたから、何とか4人は集まりました。

他のメンバーも「日誌に自分の名前があって驚いた」って言ってました・・・

とりあえず何とか集まった4人。

直前練習で教えてもらった通常はやらない戦法を、ぶっつけ本番で試すことになった私たち。

1なのに不慣れな戦い方で全滅や仕切り直しが続きます。

もうみんな無言だよねw

だって2週間くらい前にたまたま募集で集まった、同じルームでもそれまで組んだ事のない人達だもの。

時間も遅いし、動きも悪い。(自分)

もう少しってところで自分とリンク先が死に、更にザオトーンが上書きされる。

しずくで耐えるまもさんとレンさん。

見ていて申し訳ないなあ・・・って思ってました。

ザオトーンの上書きは理不尽すぎる。

しかし・・・

なんと、13分の持ちタイムをかなり縮めた8分46秒でデルメゼを撃破!

あの死んでる時間がなければ1分は縮まったかも・・・

本当に安堵した戦いでした・・・

まあ、去年の12月頃は野良でも8分台で普通に倒せていたんだけどねえ・・・

私が全く成長できてない証拠だねw

結果、このイベントの優勝者は「4分45秒」と言う驚異的なタイムを叩き出していましたが。

それでも私たちは嬉しかったです。

タイムは遠く及ばないけれど、予選タイムを5分近く縮めてのフィニッシュです、私は満足です。

イベントの在り方としては、ルーム内でイベントに参加したい人をまずは募り、そこでPT編成をして、数回でも練習ができれば意識も少しは変わったのかなと。

そこが「無限デルメゼ杯」とは違った所かな。

まあ、ゆるいイベントってキャッチフレーズだったから、仕方ないのかな。

でもかりにも「TA」って名がついてるんだから、もう少しルーム内でも競争があれば盛り上がったのかもしれないですね。

私たちには予選ですらなかったw

色々思う所がありましたが、まずデルメゼ嫌いな(はっきり言っちゃった)私としては、組むのが2回目のルムメンさんと1飯と言う短い時間でしたが、戦闘を共有出来て楽しかったです、ありがとうございました。

6月の新聖守護者の前に解散されるルームですが、その頃に3は倒せて・・・ないな。(やる気もない)

サイドリボン欲しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました